コーヒーはダイエットに効果的?いつ何杯のむと効果的かなどやり方を紹介します!

コーヒーにダイエット効果がある、というのは知っていますか?

手軽に飲んでいるコーヒーでダイエットが出来るなら、たくさん飲めばよい?と思いがちですが、ただ飲むだけではかえってデメリットも。

いつコーヒーを飲むと効果的か、何杯くらい飲めばよいかなど、コーヒーダイエットのやり方とその効果をご紹介します。

コーヒーにダイエット効果がある?

コーヒーに含まれる成分にダイエットの効果が期待できます。

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれている「カフェイン」は有名ですが、他にもポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が含まれています。

クロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える働きがあり、カフェインには細胞活性化により脂肪が燃焼するのを助ける働きがあります。

どちらもダイエット中にはうれしい効果ですね。

利尿作用

むくみはダイエットにとって大敵です。

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用もあります。

利尿作用によって老廃物を流され、身体の交換神経を刺激して代謝も良くなるので、顔や腕のむくみの解消されます。

 

コーヒーを何杯飲むのが効果的?

「1日のカフェイン摂取量の上限を400mg」までと欧州食品安全機関(EFSA)が公表しています。

カフェイン400mgはコーヒーカップ「4〜6杯」くらいなので、そのくらいを目安に飲みましょう。

カフェインの摂りすぎは、交感神経の興奮状態が続いてしまうので眠れなくなったり、胃液の分泌が活発になって、胃痛や胸やけを引き起こす可能性があります。

コーヒーでダイエットするときも一日3~5杯程度で試してみましょう。

 

コーヒーをいつ飲むのが良い?

食後に飲む

ダイエットのためには、食後30分以内にコーヒーを飲むと効果的です。

カフェインとクロロゲン酸には、身体に蓄積した脂肪を分解・燃焼する効果がありますが、食後30分以内にコーヒーを飲むと、食べた食事の脂肪吸収をより抑える効果があります。

また。新陳代謝が活発な午前中に飲むのもおすすめです。

食後のコーヒーを習慣づけることで効果を得ることが出来そうですね。

運動の前に飲む

ダイエット中には運動することも大事ですが、運動するタイミングにコーヒーを取り入れることもおすすめ。

コーヒーを運動の前30分〜1時間前に飲むことで、脂肪燃焼効果がよりアップするとされています。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動の前に飲むと脂肪燃焼効果を高めてくれます。

入浴前に飲む

運動する前以外には、入浴前にコーヒーを飲むのも脂肪燃焼を促進させてくれるので効果的。

カフェインには、血管を拡張して血行を良くする効果があります。

血流が良くなると、体温が上がり基礎代謝がアップして痩せやすくなります。

血行が促進されるため、肩こりや冷え性の改善にも役だってくれるはずです。

どんなコーヒーが効果的?

コーヒーがダイエットに良いとは言っても、お砂糖たっぷりのコーヒーでは効果はありません。

どんなコーヒーがダイエットに効果的かご紹介します。

浅煎りのドリップコーヒー

ダイエットのためにおすすめなのは「浅煎りのドリップコーヒー」です。

インスタントコーヒーにもカフェインなどは含まれていますが、ドリップコーヒーの方がカフェインの量が多いです。

さらに深煎りより浅煎りのほうがカフェインやクロロゲン酸を効率よく摂取することが出来ます。

また、微糖くらいならお砂糖を入れても大丈夫です。

糖分を少し入れると満足感を感じ、空腹感を抑えることが出来ますし、代謝を高めるためにも多少の糖は必要になります。

無脂肪牛乳を入れるのもカルシウムの補給になるので、おすすめです。

 

ホットコーヒー

コーヒーをダイエットに活かすなら、アイスよりもホットで飲みましょう。

アイスコーヒーだと体を冷やしてしまうので、代謝を上げるホットがおすすめです。

80℃前後の温度はカフェインやクロロゲン酸のダイエット効果が促進するとされています。

コーヒーはダイエットに効果的?いつ、何杯のむと効果的かなどやり方を紹介します!のまとめ

コーヒーでダイエットするやり方をまとめると

コーヒーの飲み方

  • 一日3〜5杯飲む
    食後に飲む
    運動の前に飲む
    入浴前に飲む

どんなコーヒー

  • 浅煎りのドリップコーヒー
    ブラックコーヒー(微糖・無脂肪牛乳ならOK)
    80℃前後のホットコーヒー

バランスの良い食事や運動に加え、コーヒーダイエットは毎日の生活に手軽に取り入れることが出来そうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です